薬剤師バイト > 登録販売者の登場で薬剤師バイトの需要は減る?

登録販売者の登場で薬剤師バイトの需要は減る?

医薬品に関わる仕事はこれまで、医師と薬剤師の特権とも言えました。医師は日々の医療に多忙なため、実際のところ医薬品に関しては薬剤師の独壇場とも言えます。そんな薬剤師求人の独占状態に一石を投じた資格があります。それが「登録販売者」です。

登録販売者とは規制緩和の流れを受けて新たに誕生した資格で、2009年から認定が行われています。 登録販売者が取り扱えるのは、OTC医薬品です。

OTC医薬品とは処方箋がなくても購入ができる医薬品のことで、ドラッグストアや薬局で販売されているものがそれにあたります。処方箋が必要な医療用医薬品に関しては、これまで通りバイト薬剤師でなければ調剤などの取り扱いを行うことはできません。

登録販売者の登場にあたって、OTC医薬品が3種類に分類されました。 「第1類医薬品」はOTC医薬品の中でも最も取り扱いに注意を要するもので、一般的に副作用の危険性が高いものなどが該当します。

第1類医薬品に関しては、文章で情報提供を行うことが義務付けられています。 頭痛薬、鎮痛剤などが代表例で、第1類医薬品は登録販売者でも販売することはできません。 これは薬剤師のみが販売できるOTC医薬品となっています。

「第2類医薬品」は第1類医薬品ほどの注意は要さないものの安全性に注意し、情報提供に関して努力義務が課せられているものです。風邪薬や解熱鎮痛薬に多く、薬剤師も登録販売者も販売することができます。

「第3類医薬品」は安全性の注意が多少必要なもの、最もリスクが低いとされているOTC医薬品です。 ビタミン剤などがこれに該当し、薬剤師はもちろんのこと登録販売者も販売できます。

登録販売者は毎年増加しており、一部では薬剤師の需要は減るのではないかということもうわさされています。人口減少が進む日本では、確かに今後は薬剤師を問わず資格を持った人であっても需要が減るということがあるかもしれません。

しかし上記に示したように登録販売者が販売できない医薬品は多く、医療用医薬品においては薬剤師しか調剤する権利を有していないのです。ただ今後のことを考えれば、専門資格を取得するなどしておいたほうが不足の事態にも対応しやすいほか、キャリアアップにつながりやすいと考えられます。

薬剤師の上司トラブル

薬剤師だけではなく、どのような職業の人も、人間関係がきっかけで転職を考えることはあります。薬剤師の場合は、…例えば調剤薬局などはどうでしょうか。元々小さな世界ですから、勤務している人たちも長い間代わり映えしません。

その中で「この人は苦手だなあ」と感じる人がいたら、一緒に働くことがストレスになります。更に上司だった場合など、かなりのストレスです。 では苦手な人が上司だった場合、どのような対応をするのが良いのでしょうか。

まずは上司の人から見て、自分はやる気の感じられる部下かどうかを考えてみてください。きちんと勤務しているスタッフを、意味もなく上司が何か言ってくるようなことはありません。大切なのは仕事に対する意欲があるかどうか、向上心があるかどうかです。

上司に教わったことはすぐにメモに書き留めていたり、貰った資料をチェックしていますか?また理解できないことはどんどんきいているでしょうか?これらの基本的な、でも一番大切なことをあなたはできていますか?

メモを取る時間だって勤務内の時間ですからお給料が出ています。のんきにメモを書いていたとしたら、患者さんは困ってしまいますよね。いらついてしまう人だっているでしょう。 勤務して何ヶ月も経過しているというのに、同じことを質問してしまったり、すぐに聞いてしまうような場合、仕事を覚える意欲が皆無だという判を押されてしまいます。基本的な行動を心がけ、物事の優先順位をつけ、仕事に対する意欲を上司に見せましょう。

自分の身を上司に置き換えて考えてみてください。上記のような部下に優しく接してあげられますか?上司に文句があるのもわかりますが、自分がきちんと作業できるようになってから不満を口にしましょう。

そして、爽やかな受け答えや、迅速な行動を心がけているか、これも大切です。同じ話をしていても、相手から受けるイメージひとつで、人間関係は異なります。表情は明るく、受け答えは爽やかに、ささっと行動できる人は、やはり好感度は高いです。

薬剤師には服薬指導があります。患者さんに伝えることは多いですよね。色んな患者さんがいますので、ケースバイケースに対応できるようなコミュニケーション能力が必要になります。余り好きじゃない人との会話は辛いと思いますが、上司との会話も訓練だと思って乗り越えるのもひとつの手です。

とはいえ、自分に全く非がない場合もあります。もしも上司の横暴に理不尽さを感じるようなケースは、ストレスから体調を崩す前に転職を意識する物いいかもしれません。修行と思って乗り越えるか、それとも修行どころではないケースなのか、現状をしっかりと判断し、自分らしく働ける場を整えていってください。

薬剤師に必要なコミュニケーションとは

調剤薬局で働く薬剤師さんは、お医者さまや同僚、患者さんとのコミュニケーションを求められます。余り会話が得意ではない、という薬剤師さんもいると思いますが、今よりいい関係を築けるように、コミュニケーションのポイントを一緒に見て行きましょう。

まずは患者さんとのコミュニケーションについてです。調剤薬局にやってくる患者さんは、健康に関わる問題を必ず持っているものです。ですから患者さんの心配を和らげてあげられるようなコミュニケーションを意識してみてください。

相手の気持ちに寄り添うための最初のステップは、自分から名前を告げて、笑顔で挨拶をする。目を合わせながら会話を進めるなどがあります。患者さんのペースを気をつけてあげたり、患者さんの言葉をしっかり受け止めてあげることも重要です。自分の話に耳を方向けてもらうことで、リラックスできる患者さんもいます。

とはいえ忙しい人もいると思いますし、詮索して欲しくない人もいます。相手を見て、服薬指導を怠らない程度に、相手のペースに合わせた対応を心がけましょう。ご年配の方には聞き取りやすい話し方をするのも基本ですね。

次にお医者さまとのコミュニケーションですが、一般的には調剤薬局勤務の薬剤師はお医者さまと対面するシーンは多くありません。電話での応対が殆どです。ですが病院のやり方によっては、薬剤部が中に入ってのやり取りとなることもあるでしょう。

お医者さまとの電話で気をつけたいポイントとしては、顔を合わせてのコミュニケーションではない分デリケートな心遣いが大事です。雑な言葉遣いはしない、声のトーンは明るく、回りくどい話はしない、先に結論を述べる、などが挙げられます。相手はお医者さまですが、患者さんが一番大切なのはお互い共通していることです。遠慮することなく、きちんとやり取りを行ってください。電話する前に、自分の中で「どのような構成で話すか」ということをシミュレーションしておくといいでしょう。

最後に同僚や他のスタッフとのやり取りについてです。薬剤師は、同じ薬剤師の他に、医療事務や登録販売者と職場を共にします。和やかな職場の雰囲気は、ありがとうと、いう相手への感謝と思いやりからできている、と言っても過言ではありません。

忙しさに追われていると、ぎすぎすした態度になってしまうこともありますが、そうなると職場の雰囲気は悪化してしまいますよね。何かを頼む時は、「お願いします」をつけるだけでもイメージが違いますし、「ありがとう」というだけでも相手の心に響きます。してもらうことは当然ではありません。それが仕事だったとしても、相手への感謝を忘れないようにしてください。

周囲にお手本になるスタッフがいるようでしたら良い点を真似するなどして、今よりもっとすてきな薬剤師を目指しましょう。