薬剤師が取得することの多い資格とは?

薬剤師が取得することの多い資格とは?

薬剤師は薬剤師国家試験に合格することで資格を得られます。 しかし最近では薬剤師の資格だけでなく、その他の資格を取得する人が多くなっています。 特に薬剤師の仕事に関連することや活かせる資格を取得する人が多いです。

認定薬剤師のひとつ、漢方薬・生薬認定薬剤師は近年注目されている資格の一つです。 この資格は薬剤師しか取得することができません。漢方が一般的にも注目されるようになったことから、患者さんに漢方について質問を受けることが多くなったということが背景にあるようです。

また膨大な種類に及ぶ漢方や生薬については、医師でもすべてを把握するのは容易なことではありません。よって医師によっては身近な薬剤師に漢方について聞いたりアドバイスを求めたりすることもあるのです。そうした期待に応えるために、漢方・生薬認定薬剤師の資格取得を目指す人が多いといえます。

サプリメントアドバイザーも薬剤師が取得することの多い資格のひとつです。 これも漢方と同じように、患者さんから質問を受けたりアドバイスを求められることが多いことから資格の取得を目指す薬剤師が多くいます。

最近ではサプリメントを常用している人も多く、医薬品との飲み合わせといった面でも必要な知識となっているのかもしれません。OTCを取り扱う薬局に勤務する場合は、営業面でも非常に有意義な資格と言えるでしょう。

その他薬剤師が取得することの多い資格には、アロマテラピスト、栄養情報担当者などがあります。 これらの資格も先述したように、“患者さんの健康”といった面で、医薬品の知識と持ち合わせることで有用なようです。

こうした資格の取得はもちろん日々の業務に役立ちますが、今後の流れとしては介護や在宅医療についての知識も必要になってくるでしょう。進みゆく高齢化と、国の施策によっては介護や在宅医療についての知識や技術が、薬剤師としての生き残りやスキルアップに欠かせなくなる日は近いかもしれません。

↑ PAGE TOP