薬剤師の留学

薬剤師の留学

今日本で薬剤師として働いている人の中には、将来的に留学を希望している人も少なくないでしょう。 留学は薬剤師に限らず、どのような職業においても価値観を変えたり、世界観を広げたりする貴重な体験となります。

ただ留学そのものにもそれなりのエネルギーや準備も必要となりますし、ある程度のビジョンを持って留学しなければ“こんなはずではなかった”ということになりかねません。

留学してからキャリアプランが変わった、決まったということもあるでしょうが、留学の先にどのようなキャリアがあるのかということは知っておきたいですね。

留学後のキャリアのパターンにはいくつかあります。 製薬会社は留学の経験が直接的に活かされる職場のひとつでしょう。 MR、創薬、研究といった分野にとどまらず、法規やライセンスなどの分野でも活躍できる可能性があります。

たとえ日本国内の企業であっても、新薬開発の時には海外事情や、特許など諸外国との関係が出てきます。そうした時に留学の経験が活かされるでしょう。最近は日本でも外資系の企業が増えているほか、国内企業でも外資と提携することも多いので、今後ますます活躍の場が広がると言えます。

大学をはじめとした教育関連の分野も、留学経験が活かされる職場のひとつです。薬剤師に限らず、今は海外生活や留学経験のある人が歓迎される傾向にあります。大学であれば自分の好きなことを研究してより深めながら、後進の育成にも携わることができ、やりがいを感じられるでしょう。

こうした特殊な機関以外でも、留学経験そのものが活かされることは多々あると思います。 病院勤務でも経営やチーム医療の編成に携わるなど、管理面で活躍できることもあるでしょう。 外国人を診療する機会が多い病院への転職というのもありますね。

中には、留学先でそのまま就業してキャリアを磨いていくという人もいます。 少ない例かもしれませんが、そうした例があることを知っておくことも必要なことかもしれません。

↑ PAGE TOP